Tadgarden

tadgarden

元Rage Against The MachineのTom Morelloのソロツアー「Justice Tour」のシアトル公演で元Sound GardernのメンバーとTad Doyle(TAD)がTad Gardenとしてライブを行った。MC5の Wayne KramerやMudhoneyのMark Armもゲストで参加しているが、気になるのはTADでまだやっていたことに驚いた。Michael Mooreかよとつっこみたくなるビジュアルだが未だ健在(?)、ただボーカルに関してはSound Gradenの曲はきつい気がする。

このライブの写真がSeattle Weeklyに掲載されている。

“Hunted Down”

“Nothing To Say”

“Spoonman”

TAD 8 Way Santa

TAD – “8-Way Santa”
TADのSubPop時代のアルバム、ビジュアルが怪しすぎる...

via 75% REUNITED SOUNDGARDEN + TAD DOYLE = TADGARDEN

Mar 31,2009,12:24 am    Comments (0)

Stones Throw Podcast #44

Stones Throw Podcast 44

Stones Throw Podcast 44: Gaslamp Killer Live at Hella International
Stones Throw」が無料で配信してるポッドキャスト、今回はGaslamp Killerのライブ。

Stones Throw Podcast 43

Thank You Jay Dee Act 4, Mixed by J.Rocc
前回すっとばしたが#43はJ.RoccによるThank You Jay Dee Act 4。今回が4回目で過去3回分はもう配信していない。

Stones Throw Sampler

Stones Throw iTunes Sampler
iTunes Store限定のサンプラーも出ており$5.99とお買い得

Dam-Funk – Let’s Take Off (forthcoming 12-inch single)
Guilty Simpson – What to Do (Oh No Remix)
Koushik – Lying In the Sun
Baron Zen – Talk to Me (PB Wolf Remix)
Omar Rodriguez-Lopez – The Power of Myth
Madlib – Dirty Hop
James Pants – Cosmic Rap (Egyptian Lover Remix)
M.E.D. - Out of Control (from forthcoming Stones Throw x Serato 12-inch)
Mayer Hawthorne - Just Ain’t Gonna Work Out
Savath Y Savalas – La Llama (from forthcoming album on Stones Throw)
J Rocc - Hot Feet (from forthcoming Stones Throw x Serato 12-inch)
Arabian Prince – Let’s Hit the Beach
Madvillain – Pearls

Mar 30,2009,06:58 pm    Comments (1)

Barack-etology

baracketology

Barack-etology
オバマ大統領によるNCAAトナーメントの予想。ホワイトハウス内で撮影しているのが凄い。

オバマはPittsburgh, Louisville、North Carolina, MemphisをFinal4に選び、決勝はLouisvilleとUNC。優勝はNorth Carolinaと予想している。
言動からしてハイライトは確実に見ているようで、わりと詳しい。実際Sweet16までは14/16と高い確率できたがFinal4の予想ははずれまくり一校しか残っていない。

横にいるESPNのAndy Katzに何故Arizonaを選ばなかったのかつっこまれたがマケインとは関係ないとさらりとかわしていた。

オバマの予想したトーナメント表

 

補足になるが、大学バスケのトーナメントの予想するゲームはESPNやYahoo!など様々ポータルサイトでおこなわれておりDan Patrick主催の著名人による大会「Friends of Dan bracket challenge」も開催されている。MLBのJohn Smoltz、NFLのLaDainian Tomlinson、俳優Adam Sandler、元NBAプレイヤーのReggie MillerやJerry Westら豪華メンバーが参加しておりこの大会はFacebook上で運営している。

Facebookやってないので知らないが、友人同士で競うトーナメントチャレンジが気軽にできるのかもしれない。

Mar 30,2009,05:21 pm    Comments (0)

Seeding Arrangements

NCAA Tournament Database

Seeding Arrangements
Washington Postのデータベースを使い1985年以降のNCAA全米バスケットボール選手権の成績をシード順ごとに表したページ。

第1シードは今まで1回戦で負けたことがなく、第5シード以下のチームで優勝したのは1985年にPatrick Ewingのいた優勝候補だったGeorge Townを倒した第8シードのViallanovaと1988年に第6シードで優勝したKansasのみである。上位のチームが負けないというのは当たり前なのだが不思議なことがいくつかあり、一回戦で対戦する第8シードと第9シードではなぜか第9シードの勝率が高い。そして第5シードと第12シードの対戦ではほぼ毎年1チームは12シードのチームが勝っている。今年も例外ではなく4試合のうち3試合12シードのチームが一回戦を突破しArizoa大学は2回戦も突破している。

普通に考えたらシードが低いほど勝率が下がるにつれ勝率も下がるはずだが1回戦では8と9、11と12が逆転している。
2回戦も第1シードとあたる8,9シードの勝率はかなり低く、10、11、12シードは結構な勝率を残している。
説明がつくところもいくつかあるが...統計をとればいろいろと出てくる。

NCAA Tounament Database
1985年以降のトーナメントについて細かい検索ができるが、スポーツのライター以外で誰が使うのだろうか...

Mar 27,2009,05:19 pm    Comments (0)

Selection Sunday 2009

Washington Post - Motown Maddness

書く順番が逆行しているが、引き続きNCAAのトーナメントについて。
全米大学バスケットボール選手権は64チーム(+1)で競うトーナメントで、日本の春の選抜高校野球のように選考委員会によって出場校、トーナメントのシード順位が選ばれる。カンファレンストーナメントを優勝した30(+1)チームはAutomatic Bidと呼ばれ名のごとく自動的に出場権を得る。残りの34チームは At-Large Bid呼ばれ委員会の選出に依存するわけだが、レギュラーシーズンのランキング(APやESPN/USA Today)上位のチームは問題ないがボーダーラインのチームは毎年どこが出場してどこが落ちるか議論となる。委員会による選考基準は「Body of Work」となっているが解釈が難しく、選考結果から解釈せざる得ない。

RPIと呼ばれるコンピュータによるランキングの方がAPやUSA Todayのランキングより重視されている気がするが、強豪カンファレンスの中堅と弱いカンファレンスで圧倒的に強いチームどちらを選ぶかが難しく議論は毎年起こる。

例を挙げると今年は19勝でPac-10の勝率5割のArizonaが選ばれ、APやUSA TodayのPollで順位が上のSaint Mary’s CollegeがNIT(NCAAのトーナメントに出れなかったチームによるトーナメント)行きとなった。

ArizonaはKansas、Gonzaga、UCLA、Washingtonといった強豪に勝ったがことが高評価され、St. Mary’sは26勝といい成績だが強豪には勝っていない。そして主力のPatrick Mills(NBAドラフト一巡目にレベルのプレイヤー)の怪我も影響していたりする。シーズン後半の成績の方が重視される傾向にあり、主力が怪我してるとシードが下がったりすることがある。

大分昔だがCincinnatiはKenyon Martin(現Denver Nuggets)が怪我でトーナメント絶望となり、それまでどう考えても第1シードの成績だったが順位を落とし早めに負けたのを思い出す。

また出場をかけたカンファレンスのトーナメントで間違って弱いチームが優勝して出場権を得ると、出れないチームが出てくるわけで、トーナメント表が決まるまでにドラマがあったりする。

The Washington Times - Buckle Up
New York Times - Motown Legend

前置きが長くなったが上記の画像はSelection Sundayと呼ばれるトーナメント表が決定した翌日の新聞。ライセンスプレートをモチーフに使ったり、Final Fourがおこなわれるデトロイト(Motown)にあわせジュークボックスを使ったりいろいろ考えている。

Selection Sunday 2009

Mar 27,2009,03:59 pm    Comments (0)

Mapping NCAA Tournament Success

Mapping N.C.A.A. Tournament Success

Mapping N.C.A.A. Tournament Success
全米大学バスケットボール選手権の優勝とFinal4に出場した回数を視覚化したNew York Timesのコンテンツ。時代ごとに見れるが密集している地域は拡大しないとわかりにくい。60年代、70年代のJohn Wooden率いたUCLAの強さが目立つ。

Tornament Preview

新聞にも似たような図を使ったNCAAトーナメントの歴史についての記事が出ている。

Mar 27,2009,03:30 pm    Comments (0)

Sweet 16

NCAA Sweet 16

Sweet 16といっても佐野元春ではない。全米バスケットボール選手権のベスト16の呼び名である。
去年「March Maddness」でこのトーナメントについてふれたが....完全にフェードアウトしてしまった。
年に一回なので需要は全くないが少し書こうかと...

現在トーナメントは1,2回戦が終わったところだが、今年は関しては例年にないくらい順当にきている。

・第1から第3シードのチームがすべて勝ち残っている
・有力カンファレンスからの13チーム(5チームがBig East、2チームがBig Ten、2チームがACC、3チームがBig 12、1チームがPac-10から)
・9チームが過去に優勝経験でFinal Fourまで行ったことがないのは3チームのみ
・「South」と「East」ブロックでは上位4シードが順当に残っているが2つ以上のブロックで上位4チームが残っているのは18年ぶりのことらしい。
・シードの番号を足した合計が49と今まで一番小さい(誰が調べたんだこんなの...)

今年はトーナメントチャレンジ(どこが勝つか全試合の予想、決勝はスコアも予測)をしなかったがここからの予想は
Pittsburgh(たしか演歌歌手ジェロの母校)とNorth Carolinaが強いのではないかと...Big East勢も今年はありえない強さをほこっている。この中で応援しているのはGonzagaだが...厳しいと思われる。

※この記事を書こうと思っていたらばたついてSweet16も半分終わってしまった。
Connecticut、Pittsburgh、Missouri、VillanovaがElite8へ進出。
Big East半分終わった地点で3チームが勝ち上がっている...

Mar 25,2009,06:29 pm    Comments (0)

Paul’s Boutique

Paul's Boutique

Beastie Boysの不屈の名作「Paul’s Boutique」発売から早20年たったが、先月音源をリマスターした20周年記念盤が発売となった。

Paul's Boutique Website

それにあわせたスペシャルサイトも公開されゲームやトレーディングカードなどいろいろなコンテンツが用意され凝った造りになっている。オフィシャルサイトではT-shirts付きの限定盤も購入できる。

Ping Pong

ピンポンのゲーム

Trading Cards

トレーディングカード

「Check Your Head」のデラックス版も近々発売となるが、Paul’s Boutiqueと同じく24bitリマスタリングに見開きのエコパックだが、こちらは2枚組でB面やレア音源の入ったボーナスCDがついてくる。

最近気がついたのだが。beastieboys.com内にある「Remix」ではアカペラの音源(bpmも記されている)をパーソナルユーズのリミックス用に配布している。

Mar 24,2009,02:03 am    Comments (0)

Tapin’ n゜3

tape03

Mar 23,2009,05:33 pm    Comments (0)

Tapin’ n゜2

tape02

Mar 19,2009,10:23 pm    Comments (0)
Page 1 of 212